• 話す能力は、子どもたちの世界を広げます。相手に向かって自分の心を広げることはコミュニケーションの基本となります。

プレゼンテーションで子供の能力をアップ

海外の子どもたちは、幼少期から人前に立ち、自分の考えを話したり、好きなものを紹介したりする機会が多い上に、プレゼンテーションの授業が学校の科目に入っています。

我が日本は、いかがでしょうか?

よく国際的なビジネスの場で、「日本人は控えめ。話す力やプレゼンでのアピールが弱い」といわれています。

事実、日本人を相手とした「あなたは人前で話すことは得意ですか?」との質問に対して、おおよそ90%の日本人が、苦手と答えました。

子供だから、まだプレゼンテーションは、はやいでしょ?という質問もありますが、このプレゼンテーション能力は、月齢が上がれば、自然とあがるのでしょうか?

答えは、「NO」です!!


年齢が上がると共に自然に身につくものではございません。

育つ過程で、練習を繰り返して、場馴れをしていくと同時に、鍛えていくものです。

そう、子供のプレゼン力は育てるのです。


海外では、幼少期から「話す力」「伝える力」を意識したトレーニングを積んでおります。

つまり、大人になり、世界で戦おうとした際に、圧倒的なアプトプットの差異が生じてしまっているのです・・・

人前で話すのが苦手なお子様や恥ずかしがり屋のお子様も、プレゼンスキルを身につける過程で成長が期待できます。


powered by crayon(クレヨン)